GitHubとSourceTreeで始めるバージョン管理【導入編】

ずいぶんとやろうと考えては逃げていたのですがやはり必要なことだと思ったので重い腰を上げGitHubとSourceTreeを使うことにしました。

他のWebデザイナーさんもこの2つの使い方が最初にやると良い感じだと言っていたので便乗しました。忘れないようにブログに残しておきますので参考になれば幸いです。

今回はGitHubとSourceTreeの導入、インストールまでの流れをまとめます。

GitHubアカウント取得までの流れ

アカウントの取得はシンプルな流れで獲得できます。まずはGitHubのサイトへ行きます。

github1

まずはアカウント取得にはユーザー名、メールアドレス、パスワードの入力が必要になります。1のところに情報を入力していきます。

  • Pick a usernsme:ユーザー名を入力
  • Your email:メールアドレスを入力
  • Create a password:パスワードを入力
  • Sign up for GitHub:入力後クリック

上の各項目を入力し、緑色のボタン「Sign up for GitHub」をクリックします。

github2

入力が完了すると基本的な登録は完了です。

ページが変わるとプランを聞いてきますが無視して大丈夫です。基本的には無料で使えます。

先ほど登録したメールアドレスに確認用の案内が届いていますのでそちらを確認します。

github3

メールアドレスの確認のメールが届いていますのでそちらに記載されているURLをクリックします。

メールアドレスは他にもパスワードを忘れてしまった時のリセットするためにも必要になってきますので必ず届くアドレスにしておきましょう。

github4

確認用のURLをクリックすると本登録が完了になりますので最後に2の「Confirm」をクリックします。

これでGitHubのアカウント取得は完了です。思った以上に簡単で安心しました……

SourceTreeのインストール

SourceTreeはGitやMercurial用の便利なソフトウェアです。Mac、Windows両方あるのでどちらかをインストールします。

sourcetree

インストール方法は普段のインストール方法と変わりないのでMac版ダウンロード、Windows版ダウンロードどちらかを選択するとダウンロードが開始されます。

SourceTreeをインストールして進めていくのですが、途中でBitbucketへのアカウントを聞いてくる画面があるかと思いますがスキップしてまずはインストールを完了してください。

今回はここまでにします。これから中身に入っていくので各ポイントごとにまとめていきたいと思います。

Webデザイナーさんもディレクターさんもバージョン管理ができるようになるとサイト制作にプラスになるかと思いますので挑戦してみてはいかがでしょうか?

Share

ココルの更新情報をチェックする。

Follow Us

ココルをフォローする。

Related Posts

GitHubに関連する記事を紹介しています。

Recent Posts

最新の記事を紹介しています。

Comment

記事に関するコメントをお寄せください。

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。


内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。