サブドメインOK!エックスサーバーのドメイン認証型SSLの設定方法について

グーグルがウェブ検索のSSL(HTTPS)化を進めている段階ではありますが、今はまだそこまで影響は出ていないと言われていますが今後の対策としてSSL化は必須になってくるかもしれません。

ココルもリニューアルついでにSSL化をいたしました。利用しているレンタルサーバーは稼働率などに好評なXSERVER(エックスサーバー)を利用しています。

エックスサーバーでは2016/06/30から全サーバープランで独自SSLが無料・無制限に利用可能に!なりました。もしエックスサーバーを現在ご利用の方はSSL化を検討してみてはいかがでしょうか。

ドメイン認証型SSL証明書「Let’s Encrypt」を無料・無制限に設定できる機能を追加いたしました。
これにより、エックスサーバーで運用されているドメイン・サブドメインは無料・無制限・簡単操作でSSL化することが可能となります。
一度設定すれば自動的に有効期限が更新されるため、導入後の負担もありません。

今回はエックスサーバーのSSL化のやり方をまとめていきたいと思います。サブドメインでもSSL化することができるのでメインサイト以外にサブドメインでもサイトを運営している方も参考にして頂けたら幸いです。

サーバーパネル管理システムにログイン

xserver-ssl-subdomain01

エックスサーバーでは契約情報を管理するインフォパネル、今回利用するサーバーパネルの2種類のコントロールパネルがあります。他にもファイルマネージャーやWebメールなどもあります。

今回はメールアカウントの作成・ドメインの設定などサーバに関する設定ができるサーバーパネルを利用していきます。

ドメイン SSL設定

xserver-ssl-subdomain02

ドメインの設定メニューからSSL設定を選択します。そうするとドメイン設定画面に切り替わります。

そこでSSL化したいドメインを選択します。

SSL設定

xserver-ssl-subdomain03

SSL設定の画面に移ったら、以下のメニューが表示されます。

  • SSL設定の一覧
    最初に表示されるページです。
  • 独自SSL設定の追加
    今回設定する項目です。
  • 共有SSL設定の追加
    共有SSLを設定する場合に使います。

独自SSL設定の追加を選択します。

SSL化したいドメインを選択

xserver-ssl-subdomain04

サイトの項目からSSL化したいドメインを選択します。「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」にチェックを入れると証明書申請情報を入力できる項目が表示されますが入力しなくても良いです。

SSL新規取得申請中

xserver-ssl-subdomain05

これでSSL化は完了です。設定はとてもかんたんです。

この接続ではプライバシーが保護されません

xserver-ssl-subdomain06

SSL切り替え時間は約30分から最大1時間程度かかります。設定後にブラウザのキャッシュをクリアをしてからアクセスします。

今後はSSL化も必須になってくるかも

まだまだココルもSSLの勉強段階ではありますが、SEOなどを考えてのサイトを運営を考えている方はSSLに切り替えていくのも必要になってくるかもしれません。

エックスサーバーは無料で使える機能が豊富にあります。レンタルサーバーを借りるのがはじめての方にも使えるサイトかと思います。また無料で使える期間もあるのでしっかり吟味して契約するのも良いかと思います。

Share

ココルの更新情報をチェックする。

Follow Us

ココルをフォローする。

Related Posts

Web制作に関連する記事を紹介しています。

Recent Posts

最新の記事を紹介しています。

Comment

記事に関するコメントをお寄せください。

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。


内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。