体組成計の測定結果をカレンダーで管理

今まで体重測定をしてきましたがここで改めてJolieeの測定するまでの流れを紹介します。ちょっと面倒ではありますが、今の自分の環境ではこれがベストなんだろうなと思います。

体組成計で測り、カレンダーに記述、ブログ+スプレッドシートに残すのが基本的な流れです。

1日の終わりに測定

洗面所のところに体組成計を設置しています。収納する必要もないくらいコンパクトなので扉のわきに置きいつでも測定できるように設置しています。

そして測定器で計測したら体組成計に結果が表示されるので、専用のカレンダーに結果を記述していきます。

個人的にはアプリなどで結果を送信できる高価な体組成計が欲しかったのですが…まぁいつまで続くかわからないしと思い、タニタ体組成計BC-760を今でも愛用しています。

そしてカレンダーに記述したら最後にパソコンに日々の結果を記録して終了になります。

ブログにも不定期で結果を公開していますが、スプレッドシートに残すまでが作業になります。

ブログは出来事の反映のみに利用し、スプレッドシートは変化の確認のために利用しています。グラフなどを自動的に作ってくれるので調査にも役立ちます。体組成計上位機種でもなかなか好みの機能がないのでこのような流れになりました。

全て身近なところに置き管理する

測定して記録が取れるようになるべく近くに設置すると習慣に取り入れやすくなります。

記述しなければならないのは地味に面倒ではありますが習慣化してしまえば面倒な作業も普段のタスクに取り入れやすいのでおすすめです。

Jolieeが使っている体組成計(タニタ体組成計BC-760)の記録カレンダーを作成いたしました。

投稿日
カテゴリー
キーワード

コメントを残す

PIXTA(ピクスタ)でクリエイターとして活動しています。
イラストや写真などを低価格で購入することができます。