大手航空会社、LCC国際線手荷物の個数・重量・サイズについて

タイに行くことができる航空会社の手荷物についてまとめました。LCCでも各種サービスを受けたり手荷物を預けたりすると大手航空会社のほうが安くなったりするので、荷物が多くなりそうな旅行の場合イロイロな航空会社を比較してみてください。

今回はANA、JAL、タイ国際航空の手荷物についてまとめました。

ANA手荷物について

機内持ち込み、預かり手荷物の許容量をまとめていきます。

預かり手荷物

エコノミークラス
荷物:2個まで
重量:各23kg
ビジネスクラス
荷物:2個まで
重量:各32kg
ファーストクラス
荷物:3個まで
重量:各32kg

預けられる荷物の大きさは3辺(縦・横・高さ)の合計が158cmまでとなります。許容量を超える場合超過手荷物料金が発生します。
無料手荷物許容量について確認したい場合は航空券で確認することができます。

持ち込み手荷物

  • 個数:1個まで
  • 重量:10kg以内
  • サイズ:3辺の和115cm以内かつそれぞれの長さが55cm×40cm×25cm以内

JAL手荷物について

機内持ち込み、預かり手荷物の許容量をまとめていきます。

預かり手荷物

エコノミークラス
荷物:2個まで
重量:各23kg
ビジネスクラス・ファーストクラス
荷物:3個まで
重量:各32kg

ベビーカー・ゆりかご・チャイルドシートは無料手荷物許容量に含まれません。

持ち込み手荷物

  • 個数:1個まで
  • 重量:10kg以内
  • サイズ:3辺の和115cm以内かつそれぞれの長さが55cm×40cm×25cm以内

ANAとJALの持ち込み手荷物は同じですね。

タイ国際航空手荷物について

続いてはタイに行くなら1度は乗りたいタイ国際航空。

預かり手荷物

クラスによって全受託手荷物の総重量が決められています。

エコノミークラス
30kg
ビジネスクラス
40kg
ファーストクラス
50kg

受託手荷物は個数に制限はありませんが、1個あたり最大32kgまでとなります。

持ち込み手荷物

  • 個数:1個まで
  • 重量:7kg以内
  • サイズ:3辺の和115cm以内かつそれぞれの長さが56cm×45cm×25cm以内

さほど代わり映えはしませんがクラスが上がるにつれて受けられるサービスは変わってきます。行きと帰りの事を考えて賢く旅行を楽しみたいですね。

投稿日
カテゴリー
キーワード
PIXTA(ピクスタ)でクリエイターとして活動しています。
イラストや写真などを低価格で購入することができます。