WordPressプラグイン

Contact Form 7でユーザーの情報を取得する方法

そんなに使う頻度は高くないと思いますが、Contact Form 7には利用者の情報を取得する特別なメールタグがあります。

送信者のユーザーエージェント情報を取得したり、どこから問い合わせしてきたか調べることができます。ただしウィジェットで設置したコンタクトフォームでは利用することができません。

プラグイン名Contact Form 7
バージョン4.6.1

WordPress.orgからダウンロードされる際は、上記のリンクからプラグインのページに行き「ダウンロード」をクリックするとプラグインが入ったZIPファイルをダウンロードすることができます。

プラグインのインストール

プラグインのインストール方法はいくつかあります。

  • WordPressダッシュボード内「プラグイン」の「新規追加」ページよりインストールする。
  • WordPress.orgからプラグインをダウンロードしてFTPなどでプラグインディレクトリに直接アップロードする。
  • プラグインファイルをダウンロードしたらWordPress「プラグイン」の「新規追加」にある「プラグインのアップロード」からインストールする。

公式サイトに掲載されているプラグインの場合は一番目、ダッシュボード内にあるプラグインのページよりダウンロードしたほうが簡単です。

WordPress内にプラグインをインストールしたら「インストール済みプラグイン」でプラグインの確認をすることができます。

各プラグインにある「有効化」をクリックすることでプラグインの機能が使えるようになります。機能を止めたい場合は「停止」をクリックすると機能を止めることができます。

利用者の情報を取得する方法

今回使うタグは情報を取得するのでフォームの編集画面の「フォーム」の項目ではなく「メール」の項目になります。

ユーザー情報を取得する特別なメールタグはメール項目内にある「メッセージ本文」内に入力します。取得できる内容とタグは以下になります。

タグ説明
[_remote_ip]送信者のIPアドレスに置換されます。
[_user_agent]送信者のユーザーエージェント情報に置換されます。
[_url]コンタクトフォームのURLに置換されます。
[_date]送信された日付に置換されます。
[_time]送信された時刻に置換されます。
[_post_id]コンタクトフォームを含んだ投稿のIDに置換されます。
[_post_name]コンタクトフォームを含んだ投稿の名前(スラッグ)に置換されます。
[_post_title]コンタクトフォームを含んだ投稿のタイトルに置換されます。
[_post_url]コンタクトフォームを含んだ投稿のパーマリンクに置換されます。
[_post_author]コンタクトフォームを含んだ投稿の作成者の名前に置換されます。
[_post_author_email]コンタクトフォームを含んだ投稿の作成者のメールアドレスに置換されます。
[_serial_number]インクリメントする数値に置換されます。使用にはFlamingo1.5以上が必要。

クライアントワークでも役立つタグかと思うのでユーザーの情報が必要と感じたときは埋め込んでも良いかと思います。

投稿日
カテゴリー
キーワード

コメントを残す

PIXTA(ピクスタ)でクリエイターとして活動しています。
イラストや写真などを低価格で購入することができます。