ココル > Contact Form 7でユーザーの情報を取得する方法
WordPressプラグイン

Contact Form 7でユーザーの情報を取得する方法

  • この記事は約3分で読めるワン。
アマゾン
ファッションアイテムのご購入分はさらに5%ポイントアップ!
2024年6月21日(金) 9:00 ~ 2024年6月24日(月) 23:59

そんなに使う頻度は高くないと思いますが、Contact Form 7には利用者の情報を取得する特別なメールタグがあります。

送信者のユーザーエージェント情報を取得したり、どこから問い合わせしてきたか調べることができます。ただしウィジェットで設置したコンタクトフォームでは利用することができません。

プラグイン名 Contact Form 7
バージョン 4.6.1

WordPress.orgからダウンロードされる際は、上記のリンクからプラグインのページに行き「ダウンロード」をクリックするとプラグインが入ったZIPファイルをダウンロードすることができます。

プラグインのインストール

プラグインのインストール方法はいくつかあります。

  • WordPressダッシュボード内「プラグイン」の「新規追加」ページよりインストールする。
  • WordPress.orgからプラグインをダウンロードしてFTPなどでプラグインディレクトリに直接アップロードする。
  • プラグインファイルをダウンロードしたらWordPress「プラグイン」の「新規追加」にある「プラグインのアップロード」からインストールする。

公式サイトに掲載されているプラグインの場合は一番目、ダッシュボード内にあるプラグインのページよりダウンロードしたほうが簡単です。

WordPress内にプラグインをインストールしたら「インストール済みプラグイン」でプラグインの確認をすることができます。

各プラグインにある「有効化」をクリックすることでプラグインの機能が使えるようになります。機能を止めたい場合は「停止」をクリックすると機能を止めることができます。

利用者の情報を取得する方法

今回使うタグは情報を取得するのでフォームの編集画面の「フォーム」の項目ではなく「メール」の項目になります。

ユーザー情報を取得する特別なメールタグはメール項目内にある「メッセージ本文」内に入力します。取得できる内容とタグは以下になります。

タグ 説明
[_remote_ip] 送信者のIPアドレスに置換されます。
[_user_agent] 送信者のユーザーエージェント情報に置換されます。
[_url] コンタクトフォームのURLに置換されます。
[_date] 送信された日付に置換されます。
[_time] 送信された時刻に置換されます。
[_post_id] コンタクトフォームを含んだ投稿のIDに置換されます。
[_post_name] コンタクトフォームを含んだ投稿の名前(スラッグ)に置換されます。
[_post_title] コンタクトフォームを含んだ投稿のタイトルに置換されます。
[_post_url] コンタクトフォームを含んだ投稿のパーマリンクに置換されます。
[_post_author] コンタクトフォームを含んだ投稿の作成者の名前に置換されます。
[_post_author_email] コンタクトフォームを含んだ投稿の作成者のメールアドレスに置換されます。
[_serial_number] インクリメントする数値に置換されます。使用にはFlamingo1.5以上が必要。

クライアントワークでも役立つタグかと思うのでユーザーの情報が必要と感じたときは埋め込んでも良いかと思います。

後で読み直す

お気に入り登録した記事一覧

記事タイトルとURLをコピーする

Administrator

Joliee

Joliee

東京都内で福祉関係のWEB制作を担当しています。WEB制作についてはCSSで何とかしたいがモットーです。柴犬男子と暮らしています。少しでも体格よくするために始めた筋トレなど学んできたことを少しでもアウトプットできるようにブログに残しています。

樂(ガク)

樂(ガク)

豆柴犬の樂(ガク)です。かまってちゃんな性格な柴犬男子です。好きなものは歯磨きガムです。ドッグフードは生きていくために渋々食べています…