イモトのWiFi

イモトのWiFiとグローバルWiFiの特徴をまとめてみました

タイ旅行以外にも海外でLINEやネットを楽しみたい方は多いです。自分もその中の一人ですネットがなければ仕事もできない……

前回の初めてのタイ旅行ではイモトのWiFiを利用しましたが、レンタルWiFiはいくつかあるので今回は比較していきたいと思います。

海外でネットが使えるといきたいお店などを検索するときなどにも便利です。au、softbank、docomoなどのキャリアのパケット通信よりもお得に使えるので検討してみてはいかがでしょうか?

タイのバンコクやアユタヤに関してはLTEの高速通信網もしかれているので少し値ははりますがおすすめです。

Wi-Fiルーターをレンタルするので1台だけしか使えないことはなく機械によっては5台や10台まで共有することもできます。PC、スマホ、タブレットで利用することができます。

一般的な申し込みから受け取りまでの流れ

日本国内の主要国際空港、成田空港・羽田空港・関西国際空港・中部空港・福岡空港・新千歳空港で申し込み、受け取ることができます。

また宅配でも出発前日までに郵送してくれるサービスもあります。

例えばイモトのWiFi(GLOBALDATA)の場合、日額680円から海外用WiFiがレンタルできます。LTEの場合は日額1280円です。高いように感じますがキャリアの値段に比べたら半額で使えます。

イモトのWiFiなら成田空港第1・2ターミナル・羽田空港国際線・中部国際空港・関西国際空港・福岡空港に申し込みカウンターがあるので当日でも申し込むことができます。但しキャンペーン適用するには事前にネットで申し込む必要があるので注意してください。

アジア圏に強いレンタルWiFi

アジア圏の取り扱いをしているレンタルWiFi会社を見ていきましょう。

早く申し込むほどお得なグローバルWiFi

バンコク・ノンタブリー・パーククレット・ハートヤイ・ウドーンターニー・チェンマイなど、ほぼ全域のエリアをカバーしています。

例えばタイで使う場合

WiFiレンタル料金
670円~970円
通信料
1日で250MB(大容量プラン1日500MB)

初めてレンタルされる方にも安心!24時間365日サポートしてくれます。電話をかける必要もなくメール、SNS、電話アプリでも対応してくれます。そこまで頻繁にデータ通信を楽しむことがない方には一番おすすめな会社です。

LTEプランも人気のイモトのWiFi

キャンペーンも定期的に行っているので旅行日が決まったら一緒に申し込むともしかすると安くレンタルできるかもしれません。紛失・盗難・損壊をカバーしてくれるオプションも200円からと安く申し込みしやすいです。

例えばタイで使う場合

WiFiレンタル料金
680円~1280円
通信料
1日で250MB(大容量プラン1日500MB)

初めてレンタルWiFiを利用した会社ですが、取引からスムーズなやり取りができました。

タイでもLTEが使えるようになったのでイモトのWiFiに申し込んでみた

LTE対応のルーターをレンタルしたので若干高かったのですが速度も通信状態も良かったので満足です。使い放題と書いてありますが、使い過ぎると規制がかかってしまう場合があるので注意したほうが良いかと思います。

他にもたくさんの会社があるのですが、ネットで活動的に展開されているのが3社かと思われます。サービスを比較すると極端に違いはないかと思うのでピンときたサイトを選ぶと良いかと思います。

返却は空港または宅配

帰ってきたらレンタルWiFiを返却します。返却方法もだいたい同じで簡単です。必ず電源をオフにした状態にしておきましょう。返却方法は空港での返却、宅配での返却、レンタル会社へ持ち込んでの返却する方法があります。

空港での返却、宅配での返却が一般的でしょうか。自分の場合空港での返却する予定でしたがうっかり忘れてしまい当日元払いで宅配で返却しました。

ハードル高そうに感じる方もいるみたいですが、取扱説明書なども入っているので飛行機内でも確認できるかと思いますのでぜひ次回の海外旅行の際にレンタルしてみてはいかがでしょうか?

どれも日本語のサイト、日本で申し込みができるので安心して利用ができます。

この記事のURLとタイトルをコピー
カテゴリー
キーワード